スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HD6950のシェーダ解放

02 03, 2011
以前HD6950のHD6970化について記事を書きましたが、
GPUコアのクロックや電圧、メモリクロックやタイミングも変更しない"シェーダーの復活のみ"の方法を紹介します。

1. ここからATI Winflashを入手
2. ここから改良済みBIOSを入手
 ※ちゃんと自分のカードのベンダー名と合わせてDLする事
3. カード上のBIOSスイッチが"1"のポジションに入っていることを確認(ファン側が1です)
4. ATI Winflashを起動させ"Save"を行い、BIOSのバックアップを取る
5. "Load Image"から2.でDLしたBIOSをロード
6. プログラムボタンで書き込みを完了させ、再起動
7. 最新のGPU-Zを入手し、GPU-Zにて1536spと認識されていることを確認

プログラムボタンを押した際にFlashROMの書き換えはゆるさねーぞ!ってメッセージが出た場合は
コマンドプロンプトを起動し、以下入力
①cd /d D:\hoge\Atiwinflash
さすがに"D:\hoge\Atiwinflash"の部分は変えてくださいね^w^;;
Cドライブの中にAtiwinflashのフォルダがある場合は cd C:\hoge\Atiwinflash でおkです。
②atiwinflash -unlockrom 0
③atiwinflash -f -p 0 (※DLしたBIOSのファイル名)
例)atiwinflash -f -p 0 Unlock_Shaders.bin

以上で再起動メッセージが来るはずなんで再起動して確認して下さい。

実行前と実行後の比較
1)実行前
sshot-26.png

2)実行後
sshot-27.png

Shadersの値が1408から1536になってれば成功してます。
ちょっと前まで6970化もしてましたがATIスレでシェーダプロセッサ解放のみに留めといたほうが無難って書いてあったんで
こっちにしてみました^w^;

興味がある方は自己責任でどうぞ^w^ノ

Previous: CaseMod!

Next: kkr式裏配線
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
Profile

kkr+

Author:kkr+


kkrblogはX-ZONEを応援しています
X-ZONE

CaseModClub 会員№010
CMC

kkrPC
kkr-FT02
Spec
  CPU : Phenom II X6 1090T@4GHz
  RAM : CMG4GX3M2B1600C7 * 4
  GPU : RadeonHD6950
  M/B : Crosshair IV Formula
  CASE : FT-02
  COOLER : CWCH-50-1
  PSU : CMPSU-750AX

Device
  Mouse : steelseries Xai
  MousePad : steelseries Qckhevy
  Monitor(Main):MITSUBISHI RDT232WX
  Monitor(Sub) :MITSUBISHI RDT231WM

DesktopCustomize
(kkr/Yattsu/Sune)

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category
Comment
Link

管理画面
Counter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。